ヒゲ脱毛はクリニック系とエステ系とどちらがイイ?

男も身だしなみを気にする時代。顔、特にヒゲは一番他人に見られる箇所です。接客する上でお客様に不快感を持たれないためにも、ヒゲ脱毛に興味を持つビジネスマンは年々増加傾向にあります。

ですが、ヒゲ脱毛と言ってもクリニック(病院)でするのか、メンズエステでするのかで内容はかなり違ってきます。まずはクリニックとエステの違いを知っておきましょう。


【クリニック系脱毛の特徴】

クリニック系で使われる脱毛器は、医療用レーザーという、高出力のレーザー機器です。皮膚の奥までレーザーが届き、脱毛効果が高いと言われています。短期間で効果を実感したい方にはお勧めです。

しかし、デメリットとしては、高出力が故に皮膚にもダメージがかかり、火傷を負う可能性もある事があげられます。またエステ系で使われるフラッシュ脱毛に比べ、痛みを感じやすい点もあります。


【エステ系脱毛の特徴】

基本的にヒゲ脱毛 口コミを見てみても、多くがエステ系の脱毛サロンです。メンズエステ系で使われる脱毛法は主に2種類。「ニードル脱毛」と「フラッシュ脱毛」です。

ニードル脱毛は毛穴に特殊な針を刺し、電気刺激を加えることによって毛根にダメージを与える方法で、最も効果の高い脱毛法として知られています。

一本一本の施術なのでデザイン脱毛にも適していますが、デメリットとしては非常に痛い事があげられます。また時間もかかるので、料金も割高になります。

痛みに強く、完璧なデザイン脱毛を希望している人には、向いている脱毛法と言えます。


フラッシュ脱毛は、簡単に言うとクリニック系で使われるレーザー脱毛の出力が弱いものです。肌にやさしく痛みが少ないのが特徴です。一昔前までは「効果が少ないのでは」と言われていましたが、今は技術も発達し、レーザーに引けを取らないまでに成長しました。

デメリットとしては、効果の面でレーザーやニードルには劣る、という所です。ですが会社帰りなどにサロンがあれば、通うのに苦にならず、楽に脱毛できる方法とも言えます。


自分に合う脱毛法を選ぶには、はっきり言って好みの問題になるでしょう。

「痛み」に強いか?
「効果」を期待したいか?
「肌トラブル」を避けたいか?

等々、自分の条件に合った方法を探してみるのがいいと思います。決めかねる場合は、各クリニックやサロンの体験コース等で試してみるのが一番です。